物件情報の見方

オフィス物件の資料には専門的な単語がたくさん使われています。オフィス移転を成功させるためにも、正しい物件情報の見方をご紹介いたします。

物件情報の見方

A.物件種別
オフィス移転の場合は、一般的に「貸事務所」や「賃貸オフィスビル」となりますが、他に「店舗」や「倉庫」などもあります。

B.物件概要
物件の所在地や建物の構造、エレベーター(EV)数などの主な設備が記載されています。

C.現地案内図
物件の所在地がわかる詳細の地図です。最寄駅からの経路などが書かれていることも。

D.コメント
アピールポイントや周辺環境などを記載していることが多いです。

E.駅からの所要時間
一般的に、道に沿ってではなく、駅から物件までの直線距離で考え、80mを1分として計算されています。

F.沿線
利用できる路線が記載されています。複数ある方が便利ですが、どの駅からも遠くては結局のところ不便になってしまいます。

G.賃貸条件
賃料を記載しています。他にも、共益費、保証金(敷金)なども書かれています。契約期間も確認しましょう。

H.方位
自然採光を考慮するときに方位は重要ですが、オフィス街の場合は「南向き」でも日が差し込まないことがあるので注意が必要です。

I.広さ
1坪を3.3m2として計算。壁や柱の中心から距離を算出しているので、実際の寸法は若干狭くなります。

J.入居可能日
「○月○日」という具体的な日付の他、「建築中」「即入居」「空き予定」など、物件の現在の状況を記載している場合があります。

K.ビル仲介会社詳細
物件を扱っている不動産仲介会社の住所や連絡先です。担当者の名前などが記載されていることも。

L.免許番号
不動産業をするために取得する免許の番号です。( )内の数字は更新番号で、数字が大きいほど営業年数が長いということになります。

PageTop